東京喰種(トーキョーグール)を心理学的に説明するー心的外傷後成長についてー

スポンサーリンク

こんにちは!心理学と漫画をこよなく愛するひぐらしです!

おひさしぶりに漫画に関する記事の投稿です。

 

もともと

「漫画を窓口に心理学を伝えたらわかりやすいのでは??!!」

と思いついたのがこのブログの始まりです。(といいつつ、それ関連でそんなに記事をあげていない…)

なので、ブログのタイトルもcomic&psychologyとなっています。

 

そんなのどうでもええわ!!

 

言われそうなので、そろそろ記事を書きます。

今回扱うのは、石田スイさん作の『東京喰種(トーキョーグール)です!』

トーキョーグールは漫画から始まり、アニメ化もされている人気作品です。

そして今年の夏、なんと実写映画化が決まっております!それを記念して記事を書いております!!

 

作品の中でも、主人公の金木くんが拷問の末、爆発的成長を遂げるシーンがめちゃくちゃ印象的ですよね(ゴメンなさい読んだ方対象に書いています)。

今回の記事ではその現象をずばり心理学的に説明します!

 

金木くんの成長。それは

 

心的外傷後成長(Post Traumatic Growth)

 

という心理学用語で説明できます!

それ心理学で説明できます!

金木くんの大成長

金木くんは、ヤモリという敵の男に想像を絶する拷問を受けます。

tokyo-gu-ru1

 
 
 

そこで、金木くんが向き合うのが、走馬灯のように駆け巡る自分の過去のトラウマチックな記憶です。

tokyo-gu-ru2

 
 
 

そうした、危機を脱した金木くんは信じられない精神的強さとともに覚醒します。

tokyo-gu-ru3

 
 
 

この精神的な成長は、自分の中のグールを食べたことや他のグールを食べただけでは説明できないことです。これを、心的外傷後成長という観点から見てみたいと思います。

心的外傷後成長

tokyo-gu-rux

そもそも心的外傷後ストレス障害というものがあります。英語で書いた時の「Post Traumatic Stress Disorder」の頭文字をそれぞれとって、PTSDと表現されることも多いです。

「Post Traumatic」を日本語訳すると「トラウマの後」ということです。

つまり、トラウマ的な出来事の後に生じる精神的な問題のことを心的外傷後ストレス障害というのです。詳しい詳細は別記事で書きたいと思います。

 

今回紹介するのが、これと対になる概念です。それが、心的外傷後成長というわけです(「障害」が「成長」になっています)。「Post Traumatic Growth」の頭文字をとって、PTGですね。

 

この概念はもともとポジティブ心理学という心理学の分野から提唱されたものです。

興味のあるかたは、僕がふざけて紹介した

 

 

この本を読んでみてください👍

 

さて話を戻します。心的外傷後成長とは、トラウマになるほどのショックを乗り越えた後に、精神的に強くなるということを表します。そして、ショックが大きいほど、その数が多いほど、それを乗り越えた人の心は強くなることが示唆されています。

これは、アメリカの心理学会で言うところのダンブルドア的な人が、不死鳥の騎士団的に、他の研究者と協力して明らかにした研究です。めちゃくちゃ信頼できます。調査した数も1700人と多いです。

 

 

それでは、金木くんの話を思い出しましょう。金木くんはヤモリという男にまるで拷問のような精神的ショックを与えられます。

耳にムカデを入れるとか、考えるだけでトラウマですね。実際に、アメリカの研究では、戦争中に捕虜となった人に対しても調査を行っており、これに近い拷問を受けた人もいらっしゃるそうです。

そして、金木くんは心の中で戦います。それを克服した後、そのトラウマをくらい、絶大な力を手に入れるわけです。

tokyo-gu-ru4

 

これが、まさに心的外傷後成長です。それを達成するには、様々な条件がありますが、金木くんの元々の優しい性格が一つの要因だったのではないかと思います。

 

心的外傷後成長(PTG)。ドヤ顔で覚えておいてほしい言葉です。

 

東京グールに限らず、他の漫画でもこう言った状況ありますよね?皆さんもぜひ探してみてください!

最後に

日本は極端に失敗を恐れる文化だと言われることが多いですね。失敗を食い物にする文化です。まさに東京グールですね。

 

「失敗するぐらいなら何もしないほうがいい」。そう言う、大学の友達をたくさん見てきました。

 

しかし、心理学が示す答えというのは違うわけです。そして、皆様も心当たりがあると思います。「修羅場を超えた数だけ、人は強くなれる」。そういう感覚があるのではないでしょうか?

心理学はそれに対して科学的な根拠を与えてくれました。「失敗をたくさんしろ!」とまでは言いません。しかし、「失敗することを恐れてはいけない」と思います。

失敗してもそれがいつか糧になること。それがこの記事を通して僕が伝えたかった裏のメッセージです。

 

以上トーキョーグールから見える心理学でした!

これからも、記事をばりばり書いていきたいと思いますので応援よろしくお願いいたします!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です