ディズニーのアニメーション映画が絶賛される3つの理由

スポンサーリンク

こんにちは!映画も漫画も大好きなひぐらしです!

このブログでは物語を心理学で読み解くという記事を書いています。

 

例えば

 

 

しています!

 

小説や漫画を読んだり、映画をみたりするとすぐ、「これ心理学の題材で使えないかな〜」と思って見てます。安心してくださいちゃんと楽しんでますよ。

 

そこで先日、DVD化された『ペット』という映画をみました!マックスかわええ!!

 

今回はそれを見て僕が気づいたことを書きたいと思います。

やっぱDisney映画ってすごいんだな

 

『ペット』の話はどこいったん?笑

 

やはり、Disney映画の凄さを改めて実感しました。僕、Disney映画めっちゃ大好きなんですよ!

 

まず、キャラクターが素晴らしい。そして作画、演出ともに素人目から見てパーフェクトです。そして圧倒的に練られたストーリーラインと遊び心。さらにBGMもめちゃくちゃいい。

いいところをあげればきりがない。さすが、夢を与えるDisneyです。制作に関わりたいなと思うほど、憧れます。

それを、毎作毎作外さずに世に送り出すDisney映画の凄さですよ。これは本当にすごい。痺れる。イケメンです。

 

『ペット』ももちろんいい映画です。Disney映画と比較して「上下」をつけようとしているわけではありません。しかし、僕は気づいてしまったのです。

 

『ペット』を題材にブログは書けない。

 

 

 

逆に言えば

 

Disney映画はブログのネタになる!!!

 

この理由を三つに分けてご説明します。

Disney映画が他の映画と違う3つの理由

二転三転するストーリー

これが最も、現れているのが『ズートピア』でしょう。

見てない方ごめんない。目をつぶってください。

見た方はわかると思うのですが、普通に見ていると騙されます。

 

「どうせこいつが悪役なんでしょ??」

 

と思っていると、「本当はそっちかい!?」となるわけですね。アニメ映画=子供向けという印象を一切持たせない、妥協ない伏線の張り方とストーリーラインはDisney映画の特徴の一つではないでしょうか?

巧妙なメタファー

メタファーとは、暗に例えられているということです。

 

これが最も、現れているのが『アナと雪の女王』ですね。

 

あなたは以下のものが何のメタファーになっているか答えられますか?

 

  • オラフ
  • 城と城下町

 

これ実は心理学と関係しているんですね。「考えたこともなかった」という方は、考えながら見てみるとまた違った面白さを発見できるのではないでしょうか?(本当はブログの記事を書きたいけど、タイミングが…)

 

他にも

 

  • 『カールじいさんの空飛ぶ家』のカールじいさんの住む家
  • 『ベイマックス』のベイマックスの中にあるメモリ

 

などなど

これらが何を表しているかも是非考えてみてください〜

大人に向けられたメッセージ

『ペット』や『ミニオンズ』などの他のアニメーション映画にない、最もDisney映画らしいと僕が考えているのがこの特徴です。

 

例えば、僕が今回見た『ペット』という映画、めちゃくちゃ言いたいことがわかりやすいんです。逆に言えば、わかりやす過ぎる

あくまで推測なんですが、子供にめっちゃうけるんだと思います。ただ、子供の付き添いで行った親の全員が全員満足してみれたかというと若干怪しいものがあります。

 

それはなぜか。

 

 

 

子供向けのメッセージと大人向けのメッセージが一緒だから

 

なんです。ど直球に言いたいことを伝えているから分かりやすい。

 

 

それに対して、Disney映画は

 

大人にこそわかるメッセージを織り交ぜている

 

これが、最大の魅力です。

 

これが可能になるのは、先ほど書いた「二転三転するストーリーライン」「巧妙なメタファー」があるからこそなんです。

先ほど説明した『ズートピア』では、肉食動物と草食動物の対立が、人種差別のメタファーになっているわけです。

それがストーリラインに結びついて、二転三転しながらDisneyが考える人種差別の本質を表していくわけです。そして、ご丁寧にDisneyなりの答えを最後に伝えている。

 

これは、大人にしかわからないこと。つまり、子供も大人も楽しめるではなく

理解できる大人こそ楽しめる

 

表向きは子供でも存分に楽しめるわかりやすい物語にしているわけですが、その子供達が大人になった時に見直して、「Disneyやっぱすげえな…」となるように作られているのです。

 

だからDisney映画は深い

 

つまり、

 

ブログがはかどる!!!!!

 

というわけなんです。

最後に

このブログでは、映画に限らず様々な物語を題材に心理学を伝えていきたいと思っています。

ご興味ある方は是非フォローよろしくお願いいたします!!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク