最後通牒ゲームとあなたの中のスーパーヒーロー

スポンサーリンク

こんにちは!今回はとっても有名な心理学の実験をご紹介したいと思います。そして、それが示しているものについて是非とも知っておいてもらいたいです。

自己犠牲と社会的制裁

最後通牒ゲームとは?

「ゲーム」とついていますが、しょうもないゲームです笑というより、ただの心理学の実験です。(誰が始めたのか忘れちゃいましたが、数々の研究で実証がされています。)

 

今、あなたに賞金として1万円渡されたとします。それを全然知らない、もう一人の人分けなければなりません

 

分ける金額を提示する権利はあなたにあります。あなたは「自分は8000円で、相手は2000円」「自分も相手も5000円」というように、分け方を自由に提案して良いのです。

 

しかし、それを受け入れるかは相手の権利となります。もし、相手が「交渉決裂」をしたら、二人とも賞金を得ることができません

 

さて、あなたならいくら提示しますか

 

 

 

 

 

 

 

 

いくらになりましたか?

 

  • 自分が8000円で、相手が2000円だとしたらなかなか強欲ですよね。
  • 自分が5000円で、相手も5000円だとしたらなかなかフェアな人ですよね。
  • 自分が2000円で相手が8000円だとしたら、素晴らしい自己犠牲の精神ですね。しかし、日常生活では損することが多いのではないでしょうか??

 

心理学にミーハーな人はここで終わってしまうわけですね。「自分は以外と自己中だったなあ…」という気づきを得て満足したりします。

 

 

そうではなく、大切なのは次です。

 

もしあなたが金額を「受け入れるか」「拒否するか」を選べる立場だった時にどうするかです。

 

相手:8000円 自分:2000円のとき、あなたはそれを受け入れるでしょうか?

 

実はこれ、実験では大体50%ぐらいの人が拒否するんです。

 

なんとなく、気持ちわかりますよね。僕も多分拒否するような気がします。

 

なんか虫が好かない・ずるい

 

と感じてしまうわけです。

 

あなたの中のスーパーヒーローにこんにちは

you-are-hero2

でも考えてみると、これってとても不思議じゃないですか?

だって、自分が2000円手にいれるチャンスをみすみす逃してしまっているわけですから。

 

この実験が示しているのは、自分の利益を犠牲にしても、相手に制裁を加えようとする心理が人間にはあるということです。まさに、自己犠牲をするスーパーマンのような気質があなたの中にもあるということです。

 

一見矛盾しているものですが、これは人間が社会を作っていく上で必要不可欠なものなんでしょうね。でなければ、悪がはびこるわけです。

この実験はあくまで思考実験ですが、人間の社会を成り立たせている一つの要素を見ることができます。

 

自己犠牲をするスーパーヒーロー

 

あなたの中にもいるかもしれません。

 

最後に

いかがだったでしょうか?心理学の知識を深いところまで見ていくと、いろいろと発見することがあるんです。

ぜひ、心理学をワンフレーズで「消費」するのではなく、「消化」していっていただきたいです。

この記事に興味を持っていただいた方には、こちらも読んでいただきたいです!

消費される心理学ー僕が卒論を書いていて思ったことー

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました!!!

スポンサーリンク