2種類のアンテナの広げて雑談上手になろう

スポンサーリンク

こんにちは!大学で臨床心理学を学んでいるひぐらしです!

僕が将来なりたい臨床心理士ですが、コミュニケーション能力というものが大事です。そこで、日夜コミュニケーションに関する本を読んでいます。

 

コミュニケーションが上手な人は雑談が上手です。雑談が上手くなるために必要な習慣。それが

 

アンテナを広げること

 

なのです。詳しくは(過去の記事:知らない人と100倍仲良くなるための聴き方)の記事をご覧いただく良いと思います!

 

広げるアンテナには

 

  • 広く浅く型のアンテナ
  • 狭く深く型のアンテナ

 

の二つがあります!

アンテナを広げて雑談上手に

広く浅く、アンテナを広げる

一般的なアンテナの広げ方です。

 

いろいろな話題について知っておく

 

ということです。

 

別にそのことについてめちゃめちゃ詳しくなくても良いのです。

 

  • 「稀勢の里が横綱になったらしいですね!」
  • 「AAAの伊藤さんが妊娠して活動休止だって」
  • 「金正男って暗殺されたの?」

 

あなたが、熱心な相撲ファンじゃなくても、熱狂的なAAAファンじゃなくても、北朝鮮情勢のスペシャリストじゃなくても、良いのです。広く浅く情報を仕入れておきます。

こういう話を相手にふって反応を伺います。反応が良ければ、それを入り口にして話を広げていくことができます。

 

要は、話のとっかかりをたくさん持っておくのです。ネタをたくさん仕込んでおけば話題に事欠きません。雑談がうまい人は大抵これを実践しています。

 

狭く、深くアンテナを広げる

広げるべきもう一つのアンテナです。

さっきのアンテナとは反対に、何か一つのことで良いので

 

その分野のスペシャリストになる

 

ことです。その分野に関して、アンテナを広げます。

 

今あなたが何かの趣味を持っているなら、それをさらに追求すると良いと思います。とくにないという方は、「本、映画、音楽」あたりが癖がなくて良いと思います。

 

そうすることで、共通の趣味を持っている人とめちゃめちゃ仲良くなれます。

その時に、中途半端な知識しかないと話に取り残される可能性があります。せっかく共通の趣味があるのに話に乗れないのはもったいないことです。なので、自分の好きなものに関しては、念入りに調べて知識をまとめておきましょう。

 

  • 本だったら、最低でも有名な作家・受賞歴
  • 映画だったら、作品ごとの監督、出演者

 

を覚えておくのは、スペシャリストと言われるためには必要な条件です。

 

広く浅く・深く狭く

 

あなたはどっちのアンテナが強いですか?足りないと思うアンテナを広げて、ぜひ雑談上手になってください!

スポンサーリンク