【レビュー】I am sam(アイアムサム)ー無条件の愛とは

スポンサーリンク

こんにちは!大学で臨床心理学を専攻しているひぐらしです!春休みに入り映画をたくさん見ることができて幸せです笑。

 

ずっと見たくて、昨日やっとみることができた映画があります。

I am Sam アイ・アム・サム [DVD]

とてもいい映画でした!古い映画なのですが、なるべく多くの方に見ていただきたいということで紹介します。

「知的障がい者」は父親になれるか

この映画の主人公「サム」はいわゆる「知的障がい者」です。知能レベルは7歳だとされています。

 

そんな「サム」に子供が生まれます。「ルーシー」という女の子です。この女の子がめちゃめちゃ可愛い!そして演技がうまい。

 

母親は赤ちゃんを産む気がなかったため、いなくなってしまいます。そんな中、サムは周りの力を借りてルーシーを育てていきます。不器用ながらも、幸せな生活です。

しかし、ルーシーが成長していくと、「知的障がい」で自閉傾向のある父親サムに対する周りの目に敏感になってきます。

 

そして、ルーシーは7歳に近づくにつれ、自分の能力と父親のサムの能力を比較し始めます。サムの知能年齢は7歳。ルーシーはそれに敏感になります。友達の心ない言葉にも流されてしまいそうになります。

そんな中、小さな揉め事からサムには「養育能力なし」という福祉局の判断が下されます。ルーシーは福祉局に連れて行かれてしまいます。ルーシーを取り戻すべく法廷闘争が始まるというストーリーです。

 

 

「知的障がい」のサムは父親になれるのか?

 

 

サムとは「正反対」の弁護士「リタ」と一緒に、法廷でルーシーへの想いをぶつけます。

 

偏見や常識を揺さぶられる。親子の絆を描いた感動の名作です。

 

偏見と闘う・常識と闘う

『チョコレートドーナツ』という映画ととても似ています。どちらの映画も、法廷という場で子供をめぐって偏見と戦っています。

 

『チョコレートドーナツ』はLGBT、『I am sam(アイアムサム)』は「知的障がい」に対する偏見と向き合います。

 

ルーシーに対する深い愛情で、社会の理不尽さに挑む姿に思わず「頑張れ!」と応援したくなります。

 

 

私たちが「知的障がい」に抱いている偏見が揺さぶられます。あなたがイメージする「知的障がい」はどんなものでしょうか?

 

 

どんな姿もそれは間違いです。そこにいるのは、「知的障がい」の人ではなく、「サム」です。

「知的障がい」という言葉を使ってしまうと、その人のことが見えなくなります。その言葉を使った時点で、偏見にとらわれてしまいます。

 

アイアムサム。僕はサムだ。

 

その人をその人としてみることの大切さを教えてくれます。

 

親になるための必要十分条件

僕は、この映画を見てサムこそが理想の親の姿だと思いました。

 

確かに、サムはルーシーに勉強を教えることはできません。一緒に行ったレストランでも気に入らないことがあると騒ぎ出してしまいます。

 

しかし、サムには、現代の日本の親がめったにもっていない大切なものを持っています。それは

 

 

無条件の愛

 

 

です。

 

私たちは、他人に対して「条件」をつけることが多いです。

 

  • 自分を否定しない間だけ友達
  • 自分のいうことを聞いてくれる部下だけ仲良くする
  • 年収600万のあなたが好き

 

などなど。何かの交換条件と一緒に愛情や好意を差し出すわけです。

 

 

息苦しい

 

 

息苦しいと言わざるをえないです。親がこのような「条件つきの愛」を振りかざす時、子供はかなりしんどいです。それは、『塔の上のラプンチェル』におけるゴーテルと同じです(過去の記事:【塔の上のラプンツェル】心理学の学生が読み解く!100倍面白くなるラプンチェルの見方

 

父親であるサムは違います。サムには

 

無償の愛

 

があるのです。そして、正直です。それを必死に娘のルーシーに伝えます。

 

そのサムと対照的に描かれているのが、弁護士のリタです。子供よりも仕事、自分の思い通りにいかない息子にイライラする毎日です。

そんなリタも、サムと出会うことで親として成長していくのです。

 

 

いつのまにか、サムを助けていた人たちは、サムに助けられていることに気づきます。

もしかしたら、あなたもサムに助けられる一人かもしれません。ぜひ見てみてください!

スポンサーリンク