[保存版] 心の悩みを聞いてもらいたい!ーカウンセラー・臨床心理士の正しい出会い方

スポンサーリンク

こんにちは!大学院で心理学(臨床心理学)を専攻しているひぐらしです!

 

さて今回は「ちょっと気分が晴れない…」「心が折れそう…」「メンタルがやばい…」という時に、メンタルクリニックや精神科よりも少し気軽に相談にいける、心理相談室の探し方に関する記事です。

 

そもそも、「心理相談室って何するところ?」や「臨床心理士ってどんな人やねん!」というところから丁寧に説明していこうと思います。

 

心理相談室とは?

心理相談室とは、臨床心理士やカウンセラーが運営している、心の問題を相談する専門的な機関です。

 

 

あなたは、気分が落ち込んだ時や、うつ病などの精神障害になったかもしれないと思った時どこに行きますか?

 

 

 

精神科メンタルクリニックが頭に浮かぶ人が多いのではないでしょうか?

 

 

 

それ以外で考えてみるとどうでしょうか?

 

 

 

カウンセラー…?カウンセリングルーム…?

 

 

 

なるほど。それではカウンセラーとは何をしている人なのでしょうか?良いカウンセラーはどう探せばいいのでしょうか?

 

どんどん頭がこんがらがっていきますね笑順番に解決していきましょう。

 

カウンセラーと臨床心理士の違い

カウンセラーとは、カウンセリングをする人です。もっと踏み込んで言えば、カウンセリングを専門にする人です。

カウンセラーの仕事は、ざっくりいえば、話を聞くことです。クライアント(来談した人)の話を聞いて、共感、受容していくことで、その人の自然治癒力を引き出すのです。

 

詳しいことはこちらの記事に書いてあります。

[保存版]3分でわかる!精神科?カウンセラー?どこに行けばいいか

2016.11.16

 

それに対し、臨床心理士は、カウンセリングを基盤としながら、問題のアセスメント、それに基づいて様々な心理療法を実践する人です。

 

ちょっと最近人間関係がちょっとうまくいかないんだよね…といった時に、行くならカウンセラーが良いと思います。カウンセリングは、健康度が比較的高い人に有効的です。

 

 

それに対して

 

  • 気分の落ち込みがひどい
  • 発達障害かも
  • 何回も戸締りを確認してしまう

 

などなどの問題が深刻な場合は、カウンセリングのみによる改善は難しいです。こうした症状や問題に対応しているのが臨床心理士と呼ばれる人たちなのですね。

 

今までの話のまとめ

それでは今までの話をまとめましょう

 

 

  • カウンセラー…カウンセリングをしてくれる人。健康度が高いクライアントに有効。

 

  • 臨床心理士…カウンセリングをベースに、メンタルを崩しているクライアントに有効。

 

 

とまとめることができます。僕の意見なのですが、臨床心理士さんのところに行けばカウンセリングも当然してもらえるので、「なんだかメンタルが…」という時は臨床心理士にすべきです。

 

 

 

と、ここまで書いてきて

 

 

不安な人
やっぱり精神科医の方が国家資格だし、信頼できるなあ

 

 

と思う方もいらっしゃるかもしれません。でも正直、いきなり精神科やメンタルクリニックに行くのってちょっと気が引けませんか?

 

僕自身こういう勉強していて言うのもなんですが、メンタルが不調になった時、精神科に行くかというとちょっと抵抗があります初診料も高いので気軽には行けないのです。

 

そこで、ワンクッション挟むという意味でも臨床心理士さんに会ってもらいたいなと思います。問題がそこだけで解決することもありますし、もしその相談室だけでは解決できない場合、他の機関と連携したり紹介を受けることができます。

 

ということで、ここからは、臨床心理士さんがいる相談室の探し方を具体的に紹介していきます!!

 

心理相談室の探し方ーカウンセリングを受けたい時に

それでは具体的に、そうした悩みの相談やカウンセリング業務をしている臨床心理士が活動している心理相談室の探し方をご紹介します。

 

成人のうつ病を例に

今や最も知られている精神障害の一つにうつ病がありますね。ここでは、「職場の人間関係が行かず、気分が落ち込みうつっぽい。でも精神科行くほどお金ないんだよなぁ。ちょっと気軽に相談できれば…」という人を具体例に検索の方法を紹介します!!

 

STEP1 まずは、臨床心理士がいるところを探そう!

今回ご紹介するのはこちらのサイトです!臨床心理士に出会うには

 

臨床心理士の資格を持つ人が働いている相談室を検索することができます。ぜひご自分でも一度使っていただきたいです。

 

 

こちらが検索画面ですね。必要事項を順番に入れていきましょう。

 

まずは、地域ですね。当たり前ですが、お住いの都道府県を入力してください。遠くの敏腕臨床心理士よりも、最寄りの臨床心理士の方が長期的にみたら通いやすくて良いです。

 

続いて、「心の課題を選択」に移りましょう。症状が「職場の人間関係が行かず、気分が落ち込みうつっぽい。」ということだったので、「うつ病」「職場のメンタルヘルス」を選択しましょう。もし、どんな心の問題かわからない場合は空欄でも大丈夫です。

 

 

今回は、成人ですね。臨床心理士の性別は、よほどのこだわりがない限りは入力しない方が良いと思います。変なところで絞り込みがかかってしまうともったいないですからね。

そして、最後のフリーワード検索が大切です。今回は、「でも精神科行くほどお金ないんだよなぁ。ちょっと気軽に相談できれば…」とのことでした。こういうこと多くあると思います。

 

そこで狙い目なのが、大学に付属している心理相談室です。この後でも説明しますが、大学付属の心理相談室は、大学教授・良質の臨床心理士によるスーパービジョンを受けている大学院生(修士・博士)が、担当してくれます。

 

 

これがめちゃくちゃやすいです。

 

 

普通の心理相談室では1時間で1万円とるところもゴロゴロあります(これだったら精神科の初診料とほとんど変わらない!!)。それに対して、大学の心理相談室では、その半額以下の値段で心の問題の相談をすることができます。

 

 

でも、「質はどうなんだろう?」って気になっちゃいますよね。

 

 

確かに、ラーメンを食べるならちゃんとした店長が作るラーメンが食べたいですよね。新人が作るラーメンだったらちょっと心配です。

 

しかし、これが、夜な夜な店長と1対1で指導を受けて、店長が太鼓判を押したラーメンを出す新人さんならどうでしょう?これが、普段の半額の値段なら食べてもいいなと思いませんか?僕は、毎日でも食べに行くかもしれません笑

 

ということで質については、ちゃんとした保証があると思っていただいて問題ないと思いますが、それを了解した上でご相談に行くことをお勧めします。

 

 

ということで、フリーワードの検索で「特徴」にチェックマークをつけ、「大学」で検索をかけましょう。

 

 

STEP2 気になる相談室を選ぼう!

それでは、入力に間違いがないか確認して「検索」ボタンを押しましょう。

 

すると結果の一覧が出てきます。結構出てきましたね。

とりあえず、今回はたまたま家が近かったということで、帝京大学心理臨床センターを詳しく見ていきましょう。

 

リンクを押してみると、詳細の画面にとびます。正直あまり情報量が少ないので、ホームページへとさらに飛んでいきましょう!

 

STEP3 詳しく調べてみよう!

ホームページをみてみると、とても綺麗で感じの良いサイトが出てきましたね。

 

 

ホームページには

 

  • 料金
  • スタッフ
  • サービス内容
  • 相談までの流れ

 

などが大体どのホームページで書かれているので、参考にすると良いと思います。

 

 

一つ注意点があります。気になる料金のところをみてみましょう。

 

 

この料金、破格です。儲けは出ませんね。先ほど説明したように、この安さにはカラクリがあります。

 

赤枠で囲ったところを要約すると

 

  • 初回は大学の教授、もしくは契約している臨床心理士さんがカウンセリングをすること
  • その後、スーパービジョンを受けている大学院生が引き継ぐ

 

ということです。これは大学によって、ばらつきはありますが、おおよそこのような形になっています。

 

初回の面接をインテーク面接というのですが、これをきちんとした臨床心理士が担当し、受け入れられるかどうかを判断します。その機関では対応できない場合は丁寧に、他の機関に紹介されることになります。

 

そして受け入れ可能と決まった段階で、担当の大学院生がその後の相談・介入を行うということになるのです。

 

 

 

以上のようなことを総合的に判断した上で、足を運ぶのが良いと思います。お手軽に心の悩みを相談するために、この方法を強くおすすめします。ぜひ記憶の片隅においていただければと思います。

 

最後にー症状が悪くなる前に

心の問題・メンタルの不調はなかなか相談しづらいですよね。行くべきかどうか悩んだり、まだ大丈夫かと思っているうちに、どんどん症状が重くなっていきます。

 

そうなると、治療や支援に時間がとても時間にかかります。時にはこじれすぎて、問題解決が困難になる可能性もあります。

 

そうなる前に、ぜひ気軽に心理相談室に相談して欲しいのです。それが、予防にもつながります。

 

 

 

これから、もしくは今現在気分がすぐれないという方の参考になれたら幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です